静岡市の社会保険労務士事務所。助成金、給与計算、就業規則なら河合優一郎社会保険労務士事務所。元SEであり、元ソフト開発会社の人事担当者です。

お客様の声|事例|社団法人 静岡県剣道連盟様

当社会保険労務士事務所とご契約いただいています「社団法人 静岡県剣道連盟様」にインタビュー形式でお客様の声にご協力いただきました。その時のお話をQ&A方式でまとめています。

Q会社の特徴を教えていただけますか?

当社会保険労務士事務所のお客様写真

社団法人静岡県剣道連盟は、公益法人制度改革を受け、これまで以上に経営の透明性と信頼性を高める社会的責任が生じてきています。会社における正式な意思決定プロセスのみならず、従業員の労務管理の法令遵守も迫られています。

Q社会保険労務士事務所に依頼した経緯を教えてください

当社会保険労務士事務所のお客様写真

主に労働・社会保険関係で必ず発生する事務手続きを忘れずに処理することや、目まぐるしく変わる改正の最新情報など必要と感じたからです。

会社が必要とする事務の処理能力と情報収集を外部にお願いして、我々の本来の業務に集中したかったのが理由です。無意識に労働法に違反していたりすることを避けるためにも専門化に日常の労務について確認してもらいたかったからです。

Q当社会保険労務士事務所社と契約して、労務相談や日々の諸手続きの面などで効果はありましたか?

当社会保険労務士事務所のお客様写真

以前まで正社員以外となるパートタイマー、契約社員、嘱託社員に対して、社内での役割分担や労働条件があいまいのままに社内で運用されてきましたが、就業規則を見直すことを契機に、各従業員の労働条件などを社労士さんと何度か打合せをすることで、整理できました。これまで一部はっきりしなかった部分も体系的に整理でき、スッキリとした印象です。

過去に保管してあった就業規則は条文の一部に記載不足の部分もありましたが、就業規則の改訂作業中に、そのご指摘を受け、内容もできる限り明確に改善されたと思います。今後も定期的に就業規則の中身をチェックしていただきコンプライアンスに努めていきたいと思います。

Q今後の会社の経営や人材についてどのように考えていますか?

当社会保険労務士事務所のお客様写真

公益法人制度改革を契機に、これまで以上に経営の透明性と信頼性を高める社会的責任が生じてきています。社内遵守規程なども作成し、内部統制も心掛けていこうと思っています。