静岡市の社会保険労務士事務所。助成金、給与計算、就業規則なら河合優一郎社会保険労務士事務所。元SEであり、元ソフト開発会社の人事担当者です。

1.働く人と雇う人のルール~就業規則

就業規則
就業規則とは、事業所における労働者の賃金、労働時間等の労働条件に関する具体的な項目や、職場の規律、その他、労働者に適用される各種の定めを含む規則のことをいいます。
就業規則の作成義務
常時10人以上の労働者を使用する使用者は、必ず就業規則を作成し、所轄の労働基準監督署に届け出なければなりません。 【労働基準法第89条】
入れ替わりなどで、時には10人未満になることがあっても、常態として10人以上(派遣労働者を受け入れている場合は、その派遣労働者は含めません。)であれば作成義務があります。また、常時10人以上であるかどうかは、事業場単位で判断されます。
10人未満の事業場であっても、無用なトラブルの発生を防ぐため、客観的なルールである就業規則が果たす役割は大きく、作成が強く望まれます。
就業規則の適用
就業規則は、正社員だけでなく、パートタイマーやアルバイト等、事業場で働くすべての労働者にとって必要なものであり、それぞれにルールを定めておくことが求められます。働く形態の違う労働者に異なったルールを設ける場合には、その旨を就業規則の中に明記するか、形態ごとの別規定などを設ける必要があります。