静岡市の社会保険労務士事務所。助成金、給与計算、就業規則なら河合優一郎社会保険労務士事務所。元SEであり、元ソフト開発会社の人事担当者です。

3.時間外労働

(1)時間外労働
① 時間外労働、休日労働、深夜労働
法定労働時間、又は変形労働時間の規定において制限されている労働時間を超えて働くことを「時間外労働」といい、労働義務のない休日に出勤して通常の労働を行うことを「休日労働」といいます。また、午後10時から午前5時までの間に行う労働を「深夜労働」といいます。
なお、育児・介護等を行う労働者には、時間外労働・深夜労働に一定の制限があります。
② 法定労働時間を超える労働(36協定の締結)
使用者は、労働基準法第32条に規定される法定労働時間(1日8時間・原則週40時間)を超えて労働させるためには、労使間で労働基準法第36条に基づく「36(サブロク)協定」(通称)を結び、労働基準監督署に届け出なければなりません。
しかし、36協定を結べば、何時間でも残業させてよいというわけではなく、「時間外労働の限度に関する基準」が設けられています。(この基準を超えて働かせることは、臨時的に特別な事情がある場合に限られており、かつ、労使で「特別条項付き36協定」を結ばなければなりません。)

一般の労働者の場合
期 間 限度時間
1週間 15時間
2週間 27時間
4週間 43時間
1か月 45時間
2か月 81時間
3か月 120時間
1年間 360時間

対象期間が3か月を超える1年単位の変形労働時間制の対象者の場合
期 間 限度時間
1週間 14時間
2週間 25時間
4週間 40時間
1か月 42時間
2か月 75時間
3か月 110時間
1年間 320時間

変形労働時間制の場合は、1日あるいは1週間の所定労働時間が法定労働時間を超えていても、週、月、年のある一定の期間で平均し、法定労働時間を超えない場合は、労働基準法に違反しません。 【労働基準法第32条の2~5】