静岡市の社会保険労務士事務所。助成金、給与計算、就業規則なら河合優一郎社会保険労務士事務所。元SEであり、元ソフト開発会社の人事担当者です。

健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届

書類提出先等

提出先 年金事務所または健康保険組合・厚生年金基金
提出期限 資格喪失した日から5日以内
添付書類
  • a.被保険者と被扶養者全員の健康保険被保険者証
  • b.高齢受給者証(発行されている場合)
  • c.健康保険証が回収できない場合は、「健康保険被保険者証回収不能・紛失届」
  • d.資格喪失理由が死亡の場合には「埋葬料(費)請求書」

ワンポイントアドバイス

◆資格を喪失する事由によって資格喪失日は異なります。
(1)退職または死亡の場合は、退職した日または死亡した日の翌日
(2)雇用形態が変わり資格喪失する場合や事業所が廃止になった場合は、その翌日
(3)70歳になったことで厚生年金保険のみ喪失する場合は、70歳誕生日の前日
(4)75歳になったことで健康保険を喪失する場合は、75歳の誕生日の当日
◆退職した社員のその後の社会保険について(次の3つの選択肢が考えられます)
A.今まで加入していた健康保険の任意継続被保険者になる・・・退職日まで継続して2ヶ月以上健康保険に加入していた人は、「任意継続被保険者」として、退職日の翌日から2年間加入することができます。協会けんぽの場合は退職者の住所を管轄する協会けんぽの各支部で、退職した日の翌日から20日以内に手続を行います。
B.国民健康保険に加入する・・・退職した日の翌日から14日以内に、退職者の住所地の市区町村の国民健康保険の窓口で手続きを行います。
C.家族の被扶養者になる・・・手続きは、家族の勤務する事業所で行いますので、事業所の担当者に申し出ます。雇用保険の失業給付を受けている間は加入できない等の制限がありますので、詳しくは担当者に確認してください。
◆退職する社員の健康保険の給付について
協会けんぽの場合、1年以上継続して健康保険に加入していた人が、退職したとき、「傷病手当金」または「出産手当金」を受けている場合は、退職後も続けて受けることができます。